FP(ファイナンシャルプランナー)は、これからがビジネスチャンスの期待がもてる。

と、ある専門誌に書かれていました。

しかし、その条件とは、現在 法律の事は「弁護士」、税金の事は「税理士」と

みんなが、思うことですが これもいきなりそういう風になったのではなく、

それぞれの専門家がお客様に信頼されるサービスを行なってきた結果であります。

FPの場合は、どうなんでしょう?

FP試験を通った者(3級でもFPです)が、セミナーをやりたがったり、相談を受けたがったり、

中には、こうすればお金になるとか、サービスの本質を忘れて自己の欲求を満たすためだけ

にFPごっこをしている(私にはそう見える)人がいたりします。

 

FPは6科目ありますが、全てに精通している人は、少ないと思います。

だから、何もかも取り組むFPは私には??と思うのです。

 

質の高いアドバイスを続けていれば、いずれは お金の相談=ファイナンシャルプランナー

になると思うのですが、質の低い人がアドバイスを行う事により、お客様の不安が

ますます募るような気がします。

 

そんな事にならないように、日々取り組んでいきたいと思います。