私が事務局を務めているSG水都おおさかの
第87回勉強会が明日難波で開催致します。
明日は、私が講師を務めさせていただき、
すまい給付金のお話しをメインに行おうと思っております。
レジュメもでき、新しい制度なので私自身も勉強になりました!
さて、内容ですが消費税が増税されれば、それ以降住宅を取得
した方には、すまい給付金を支給するという事です。
消費税が上がっても、その分手当てしますので慌てて住宅を
買う必要がないですよ!って事ですね?
では、実際はどうなんでしょうか?
給付額は、所得により違っています。
(収入ではなく所得割額です)
パンフレットなどを見ていると「収入の目安」と書かれているので
間違う可能性がありますね?
所得の少ない人の方が給付額が多くなります。
これは、住宅ローン控除を多く受けられない方のために
追加で、給付されるといったイメージでしょうか?
さて、実際細かく計算してみましたが、住宅ローンを2,000万円以下の
方は、消費税増税後(8%)も住宅ローン控除の恩恵はありませんので、
すまい給付金のMAX30万円と消費税の増額分と比較する事になります。
例えば、建物の価格が2,000万円だとすると消費税の増税分は、
60万円になります。そうすると、すまい給付金の30万円と比較すると
増税後に取得した場合30万円多く払う事になってしまいます。
他にも、色々シミュレーションを行いました。また所得割額についても
複雑ですね?詳しくは明日の勉強会にて!

住宅ローンの借り換え考えている方は、こちらからご相談下さい。

住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に18年の実績です!