回、住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済では、単純に
総支払額を比べると、元金均等返済の方が総額が少ないという
お話しをしました。
元金均等返済は、最初の返済額が多いので、ある程度余裕がある方が
利用するようです。
ただし、最初からその金額を払う余裕があるのなら、その金額で
元利均等で払っていけばどうなるのでしょうか?
前回と同じく、3000万円を35年返済で金利が2%とした場合
元利均等 月々 99,378円  総額 41,738,968円
元金均等 月々 121,428円  総額 40,524,873円
となり、元金均等返済の方がトータルが少なくなります。
ただし、月々12万円を払えるのなら、その金額を元利均等返済を
利用すれば、どうなるでしょうか?
元利均等返済 月々 119,907円にしたばあい、借入期間が
35年から27年に短縮されます。
しかも27年間のトータル支払額は、38,849,672円と元金均等返済より
167万円も少なくなります。
これを見て、おわかりだと思いますが、住宅ローンは金利も大事ですが、
期間も短い方が得だと言う事が分かりますね!
相談は、お電話でもいつでもお受けします。
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!