住宅ローンを選ぶ時に、繰り上げ返済手数料が無料のところを
検討している方も多いと思います。
繰り上げ返済手数料については、最近ではネットで手続きをすれば
無料の銀行も結構増えてきていますのでそんなに気にする必要も
無くなってきたのではと思います。
しかし、今でも繰り上げ返済手数料があるところもありますので、
手数料の必要な銀行の場合、豆に繰り上げ返済すると損するのでしょうか?
金利1.075%で2000万円を35年返済で住宅ローンを組んだ時に、5年後
繰り上げ返済したと計算した場合、85,000円繰り上げ返済した時の繰り上げによる
メリットは、31,463円ですので、手数料31,500円必要な場合はこれ以上繰り上げ
返済しないと手数料で損すると言う事になりますね。
良く聞く話しでは、繰り上げ返済に手数料が必要な場合、ある程度まとまったお金を
繰り上げしないと、勿体ないとはこの事からですね。
言いかえれば、上記のケースの場合ですと繰り上げ返済を15万円以上すれば、いくらかは
得をするという事になります。
どうして、繰り上げ返済額が10万とかキリの良い金額ではないかと言いますと、
返済額軽減の場合は、元金の回数分の繰り上げ返済になるからです。
元金が、毎月22,000円の場合は44,000円で2カ月分繰り上げして期間短縮した
事になります。
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!