昨日は、FP協会大阪支部の幹事会に参加してきました。
 
金融経済教育の取り組みをどう進めるかという中々
難しい話題でした。
 
 
さて、最近難しい住宅ローンの借り換えの相談があるのですが
 
何か問題があると、金利0.725%にならず少し高い金利で
 
審査に通る場合があります。
 
言いかえると、金利0.775%とかホームページに書いてあっても
 
実際申し込んだらその金利にならないケースも多いんですね。
 
その場合、もうここまで来たから妥協するお客さんも多いようです。
 
 
でもうちは違います。
 
 
先日も銀行から内諾の知らせが来たのですが、金利が0.875%と
 
理由を聞くと、2本あったローン25年と20年を1本で25年で
 
申し込んだためのようです。
 
お客様の年齢も50歳を超えていたので、この金利で許して下さい。
 
との事。
 
 
でも、私自身納得できませんので、最低あと0.1%優遇してもらうように
 
担当者に交渉!早速リンギを上げてもらいました。
 
 
これだけでもトータル44万円の差に。
 
当社に手数料払ってもおつりがきますね(笑)
 
 
という事で、ご自身でされると通常では納得してしまう事でも
 
私はあきらず交渉いたします!