昨日は、FP協会大阪支部で金融経済教育を
 
行い、ゲームをしながら子供たちにお金の勉強を
 
して頂きました。
 
 
さて、先日知り合いのFPの方から、お客様が銀行から
 
期間限定で、ガン団信・8大疾病団信などに切り替えませんか?
 
と、いう案内があり検討しているようで、8大疾病団信に入るのなら
 
住宅ローンの金利が0.3%アップするので、その金利なら住宅ローンを
 
借り換えた方が良いのでは?と、いう事で紹介して頂きました。
 
 
このお客様の要望は、ガンが不安なので最低限住宅ローンのガン団信を
 
付けたい!という事でした。
 
 
とりあえず、切り替えできるのは期間限定なので、銀行に相談に行ったら、
 
変える変えない別にして、まずは期間内で告知書で審査を進めましょう。と
 
言われたようです。審査OKになっても、切り替えるかはその後決めて下さい。と
 
 
その後、私のところにパンフレットを持って相談にこられました。
 
 
パンフレットをよく見てみると、何かがおかしい???
 
ん???
 
 
何回読んでも、この表現の意味が分からない???
 
 
と、いうのは通常のガン団信はガンと診断されたら、保険金がでるのですが
 
この商品は、どうやらそうではないみたい!
 
どうやら、他の疾病のおなじくガンになって、1年以上就労不能な場合しか
 
保険がおりないようです。
 
 
お客さんに、この内容を説明したら、「これじゃあ意味ないですよね?」と
 
私も、こんなの初めて見ました。と話しながら、パンフレットの隅に、
 
「46歳以上56歳未満対象」と書かれていました。
 
え~~、45歳までなら通常のようにガンと診断されたら出るようですが、
 
46歳からはこのように、条件が厳しくなっているのですね。
 
 
このような細かな事まで、注意しないといけませんね?
 
お客様のニーズにあった商品は、どれなのかお客様目線で、いっしょに
 
探していけるのもFPの醍醐味ですね!