1月のフラット35の金利が21年以上の住宅ローンの借り入れで1.47%

20年までの場合は、1.2%と過去最低金利になっております。
 
半年ほど前に住宅金融支援機構の方とお話ししたのですが、
投資家の手前もあり、これが底と思いますよ!
 
とのお話しでしたが、それから0.5%近くも金利が下がっております。
 
しかしアベノミクスが始まってから住宅ローンの金利も上がるのでは?
とみんな予想しておりましたが、全然あがりません。
 
フラット35の金利は10年物国債の金利から決定されていますので、
昨日の金利0.2%をみると来月もさがるのでしょうか?
 
しかし10年物の国債が0.2%ってこの金利事体も過去最低なのではないでしょうか?
 
さて、話しを戻しましてフラット35ですが平成26年の補正予算で優良な住宅の場合
金利を0.6%優遇する事が決定されました。
 
そうなれば、1.47%-0.6%=0.87%です。
 
これからマイホームを検討されているかたには、この金利魅力的ですよね?
 
この低金利の長期固定金利、今まで変動への借り換えが怖いと思っている方は
この機会に固定金利に借り換えしてみては、いかがでしょうか?