たまに、お客さまで住宅ローンの借り換えをすると、その後の住宅ローン控除

が、受けられないと思っているかたがいます。

 

しかし、借り換えの場合は住宅ローン控除が利用できます。

その用件は、住宅ローンの借り換えであって、年数が10年以上の期間がある事です。

ただし、現在の住宅ローン残高が2000万円で、借り換えの時に諸費用を含めて

2050万円住宅ローンを組んだ場合は、2000万円までが住宅ローン控除の

対象になります。

ですので、ローン控除が終わるまで住宅ローンの借り換えを待つ事なく、

金利が高いな〜とおもったら、すぐに借り換えするのがいいでしょう!

あと、借り換え後の住宅ローン控除の年数は、前の住宅ローンの残年数に

なります。

また、借り換えと同時にリフォームを行った場合、リフォームローン控除の

適用も受けれる場合もあります。

 

あと、離婚により財産分与で住宅ローンと家の名義を変えた場合も

住宅ローン控除が利用できる場合があります。

詳しくは、税務署でご確認ください。

 

住宅ローンの事を考えている方は、こちらからご相談下さい。

 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!