住宅ローンの借り換えをしたら、火災保険に入り直さないと
いけないのでしょうか?
 
住宅ローンを借りる時は、原則住宅ローンの支払期間の火災保険に
加入する必要があります。
 
昔は、火災保険に加入すると銀行に質権として証券を預けていましたが
最近ほとんどの銀行では、質権をとらなくなりました。
 
質権を設定されていないと、保険証券も手元にありますので、
火災保険を変えたり、途中で解約しても銀行には分かりません(笑)
 
でも、イザという時に困りますから火災保険には入っておいてくださいね!
 
 
さて、住宅ローンの借り換えをする時に新たに火災保険に入らないといけないのか?
 
と言うと、それはNOです。
 
今までの火災保険の年数が新しい借り換えする住宅ローンの年数以上あれば、
入り直す必要はありません。
 
 
ただし、あまりにも昔に加入している火災保険は、もし火災にあわれた時に
今の建物の価値しか保険がおりない、契約になっているものもありますので、
そういう場合は、借り換えと同時に火災保険に入り直す事をお勧めします。
 
新たに加入する火災保険料も借り換え時の諸費用として、住宅ローンに組み込む
事も可能ですので!
 
 

住宅ローンの事を考えている方は、こちらからご相談下さい。

 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!