先日、住宅ローン借り換えが無事完了したその場で、当面の返済明細を今見たいというお客様のご希望を銀行担当者にお願いしてみました。そのお客様はこの住宅ローンの借り換え以前は月額十数万を支払っておられたのですが、あとちょっとで十万を切るところまで減額に成功。
「1桁変わったら気分も違ったのに・・惜しかったですねえ」と声をかけると、実はお客様は私とは違うところを見ていました。お客様の目線の先には元本部分の数字が。「すごい、借入元本がどんどん減っていく!」
以前は、毎月引き落とされる金額の約半分は利息部分で、残高が減ってゆく実感がなかなか得られなかったそうです。で、借り換えを検討。試算で数百万のメリットがあることを確認はしていても、その時点ではまだ実感が湧いていなかったのでしょうか、こうして実際に返済明細書を見て初めてリアルな喜びがこみあげてくる。こういうお客様の表情を見られる現場が、今後も私自身の励みになるのだと、印象的な場面でした。