て、今回は変動金利の特徴ですが、こちらで説明するのは、
 
都市銀行や地方銀行の短プラ連動住宅ローン変動金利の住宅ローンや借り換え
 
した場合の説明です。
 
 
変動金利といえば、返済額がコロコロ変わって不安。という話をよく聞きます。
 
さて、実際にそんなにコロコロ返済額が変わるのでしょうか?
 
 
変動金利の仕組みは、「金利は年2回見直されるけれども、返済額は5年間
 
変わりません」ということです。
 
 
住宅ローンの変動金利は、毎年4月と10月の年2回金利が見直されています。
 
しかし、見直されて金利が変わったからといって、当初から5年間は返済額は
 
変わりません。
 
 
では、どうなるのでしょうか?
 
 
たとえば、現在の元利金等返済の住宅ローンの返済額が元利とも10万円とします。
 
(元金部分6万円と利息4万円)
 
 
もし、10月の金利見直しで金利が上がり、利息が5万円になったとします。
 
(実際の金利計算(概算)は、残金×金利÷12です)
 
そうなると、本来返済しなくてはいけない金額は、11万円になります。
 
でも、すぐに11万円にしないで5年間で様子をみるため、今までの返済額
 
10万円が5年間据え置かれることになります。
 
 
では、その差額はどうなるの?という疑問が出てきます。
 
その点は、次回ご説明いたします。
 
 
相談は、お電話でもいつでもお受けします。
 
住宅ローンの相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!