先日の続きですが、住宅ローンで金利が同じでも気をつける必要があるのは、諸費用でしたね。

それ以外に、実は諸費用って通常は自己資金で出すんですが、借り換えの場合は、

住宅購入と違うから、余計なお金を出したくないって人が多いです。

だから多くのお客さんは、住宅ローンを借り換えする時は、今の残高に借り換えに必要な諸費用をプラスして住宅ローンを申し込むのですが、ここで銀行によって注意しなければいけない所が、あります。

それは、諸費用は諸費用ローンで借りる必要が有る場合です。

この場合、諸費用ローンですから通常の住宅ローンのように優遇してもらえない場合が多いです。

しかも、住宅ローンが2本になるので事務手数料などが2重に必要になりますね。

おまけに、こうなったら保証料も内枠にするようになるのでトータルで考えると、余分に支払う必要があるんですね。

当社では、そういう事のないように、トータルで一番お得な銀行をご紹介致しますので、ご安心ください。

また、先ほどの保証料内枠うんぬんのお話は、次回いたします。