まで、住宅ローンを組む時に、いくらまでなら借入できるかを
記載してきました。
でも、銀行が審査をして住宅ローンの融資を行うのだから、当然
今後も返済できるのでは?
と、思っている人も多いようです。
そこに大きな落とし穴があるんですね。
最近「任意売却」という言葉を耳にしたことないですか?
任意売却とは、住宅を購入したものの住宅ローンが払えなくなって、
仕方なく売却しようと思ったけれども、住宅ローンより高く家が売れない。
そうなってしまうと、競売か任意売却になってしまうんです。
これらになると、家は処分されそれでも返済出来なかった住宅ローンだけが
残ってしまうのです。
恐ろしい結果になりますね。
でも、実際「任意売却」が増えているんです。
これは、住宅を購入する時に今後の資金計画などあまり考えずに、住宅を
取得した結果こういう事になってしまったのです。
こうなれば、誰を恨む事も出来ません。
家を買う時は、住宅会社の人に「今の家賃並みで家が買えますよ」とか言われ
このまま賃貸に無駄なお金を払い続けるんだったら、将来資産になるから、
自分の家を・・・と思って購入したんでしょうね。
でも、その結果・・・
家を購入してから、払うのは住宅ローンだけではありません。
戸建、マンションによっても維持費が変わってきますが、どちらも必要なのが
「固定資産税」です。
固定資産税は、最初は住宅用として軽減されますが、物件によって3年から5年後に
は軽減が無くなりそれだけでも固定資産税は倍になってきます。
また、分譲マンションの場合は修繕積立金や駐車場代などもありますので、これらを
踏まえた上で、資金計画をする事が望まれます。
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!