住宅ローンを銀行から借りる時の審査で、銀行は、そのひとが返済できるのかを
調べます。
その方法で、使われるのが「返済負担率」です。
返済負担率につては、以前書きましいたのでそちらを参照してください。
新規に住宅ローンを組む方は、この時あまり無理をすると、後が問題になる
可能性がありますので、この場合はもう少し余裕が出てから住宅の購入を
考えた方が良いかもしれません。
しかし、もう住宅ローンを借りてしまっていて住宅ローンの借り換えをすれば
今より返済額が減る人は、なんとかしたいものですよね?
その場合は、銀行によっては、審査金利や返済負担率が違いますので
そこで、条件の緩いところで交渉するのも一つの方法です。
また、返済負担率を下げるために、住宅ローンの返済期間を今より少し
長くして、クリアする方法もあります。
そうすれが、上手く行けば住宅ローンのボーナス払い分が無くなったと
いう事も少なくありません。
最近多いケースでは、太陽光(ソーラーパネル)やIHなど家を購入した後、
リフォームローンで組んでいる方が住宅ローンとリフォームローンをセットで
借り換えされる方も多くいらっしゃいます。
そうすることで、太陽光のローンなどは、金利が低くしかも期間も延びるので
全体の返済額が1~2万円下がるケースも多くあります。
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!