自営業の方の住宅ローン、なんでそんなに厳しいんでしょうか?

自営業って言うだけで、会社員の方より金利が少し上がったりします。

サラリーマンの方はもらった給与は全額収入として見てくれるんですが

自営業の方は、「所得金額」しか見てもらえません。


それで、返済負担率を計算するので厳しくなるんですね。


こういう時は、所得金額以外に青色申告控除や専従者給与

減価償却費などプラスして返済負担率の条件をクリアできないか

もポイントになります。


住宅ローンの借り換えの場合は、これらの条件を満たさないと

金利が安くなりませんが、新規購入の方で、どうしても

住宅ローンを組みたい人であれば、銀行によって、

申告額以外に、実際の収入など見て本当に支払っていけるのか

を審査して、住宅ローンに取り組んでくれる所もあります。


ただし、その場合の金利は4%近くになります。


それでもよろしければ、一度ご相談ください。

住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!