住宅ローンの借り換えを進めているお客様のお話です。
今固定金利3.45%残期間29年、約1,400万円で借りていて
ちょっと金利が高いかな?と相談にこられ借り換えを進める
ことになりました。
そこで、ある銀行で内定を取り付け本申し込みの段階で、
金利は0.875%で安いけど、変動なので不安・・・という相談
それでは、ということで違う銀行で交渉し10年固定1.15%で
内定やっとのことでを取り付けました。
最初から10年固定を進めればよかったのですが、勤続年数が
短いためその銀行の条件におさまらず、違う銀行で内定を
とったのです。
そのご、その内定を交渉手段として審査してもらい、OKを頂きました。
さて、ここから今借りている銀行に返済の話をしたら、担当者から
電話がかかってきたようで、今からは変動金利は絶対ダメです。とか
国債の金利の話など30分されて変動は危険と説得させられたようです。
のちに、10年固定の話もしたようですが、それも危険と説得されたとか。
きわめつけ、だったら当行で変動と固定のミックスに乗り換えませんか?だって
矛盾してるだろ!!!
お客様には、私はどれを選んでくださいという権利はありませんが、たが
考え方や銀行員の言ってることの本質は説明できますので、それを聞いて
ご検討ください。と伝えました。
M銀行の担当者の引き留めたい気持ちも分からないでも無いですが、
金融商品を取り扱う人が「絶対」なんて言葉使ってもいいんですかね~?
計約する時は、明らかに違法ですが、引き留めるときは大丈夫なんでしょうか?
あ~一応お客様には、返済の話をしに行く時、私も同行します。と伝えました。
担当者と是非話をさせてください。と、その日が楽しみです♪

住宅ローンの借り換え考えている方は、こちらからご相談下さい。

住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に18年の実績です!