昨日の日記を見られたお客様からメールが届きました。

 

以下がそのメールです------

 

こんばんわ●●です。

先日は本当に有り難う御座いました。

日記見ましたよ(笑)

私達の事が書いてありましたね(笑)

妹から紹介される前に既にHPで知ってたのですが、

本当にこれだけの金利優遇を受けられるのか?半信半疑でHPを見ていました。

誠に失礼な事で上野山さんには申し訳なくおもっております。

本当にこれだけの金利優遇を受けられるなら依頼したいという気持ちが山々でした。

どうして躊躇してるのか振り返り考えてみると 住宅ローン=銀行との契約 だけしか

頭に浮かばなく、今回のように 住宅ローン→金利の交渉(仲介業者)→銀行との契約 という

新しい流れを、まだ私達が周知していない事が原因だったように思います。

実際、妹の契約完了をみてから私達も追いかけるように慌てて契約に至ったのですが(笑)

簡単にいうと私達と銀行との契約であり、上野山さんとローン契約するわけではありません(笑)

上野山さんが間に入って通常個人では出来ない金利交渉をして下さり納得いく金利であれば

銀行と、その金利で契約するってことなんです。

メリットが大きくデメリットがない。

これからの時代、我々借りる側からも銀行に対して動きの取れる新しい需要が高まるお仕事と思います。

上野山さんが間に入ることで既存の契約より私の場合は400万以上の得が確定しました。

日本人は金融システム、商品に欧米と比べると非常に遅れていると思います。

何も欧米が正しいって意味ではありません。

良いものを良いと認識しようとする感覚が遅れている。

銀行任せが一番安心みたいな感覚が新しい仕組みに対してもネガティブになるのでしょか・・・

今後、多くの方に周知され、多くの方が驚き喜ばれる事を期待しております。

この度は本当に有り難う御座いました。

 

PS
私のように利用したいが本当なの!?って人は沢山いると思いますので
もし良かったらお客様の声かなんかで文章の使えるところを抜粋して使ってください。

信用作りに少しでもお力になればと思います。

 

-----ここまで-----

 

本当にここまで言っていただきまして有難うございます。

コメントに甘え、全部掲載させていただきました(笑)

 

これからもよろしくお願いします。