住宅ローンを組む時、いくら年収が必要なのか?と良く聞かれますが

それは、年収がいくらあれば、住宅ローンを何千万円借りられるのか?
気になっているようです。

実は、年収から住宅ローンを考える時は

いくら借りれるのか

より

いくらなら無理なく返していけるのか

を考えることが重要です。

 

よく、住宅ローンの返済額は年収の25%までとか30%までにしましょう。

と、ありますが その点も税込年収で考えるのか税抜きの手取り収入で
考えるのかによっても金額が変わってっ気ます。

安心なのは、ライフプランでキャッシュフロー表を作って確認することが大切ですね。

 

では、銀行の審査で年収からいくらまで住宅ローンの申込みができるか見てみましょう。

 

銀行によって審査内容が異なりますが、多くは年収が400万円以上と

400万円未満では、住宅ローンの申し込み金額が変わってきます。

 

年収から住宅ローンの返済額の比率を返済比率や返済負担率といいますが、

その割合が400万円以上で35%以内、400万円未満の場合30%以内という基準で

見られる場合が多いです。

 

そうなると、例えば35年で住宅ローンを組む時審査金利を3%とした場合

400万円なら3,030万円

399万円なら2,590万円

と、年収が1万円の差でも住宅ローンの借りれる金額は440万円も変わってきます。

 

また、他に車のローンなどがあると住宅ローンの申し込み金額にも影響が出てきます。

例えば、車のローンの残りが50万円であっても、その返済金額が月々3万円だとすると

先ほどの年収400万円の人は、申込み額が2,250万円になってしまいます。

車のローン月3万円×12=36万円を年収から控除して計算されるためです。

 

多くの人が勘違いしているのですが、ローンの残っている金額ではなく、月々の

返済額で審査されるという点です。

 

あと年収何倍までなら大丈夫?という質問も受けますが、だいたい年収の7倍位が

妥当なんではないでしょうか?

 

これらは、あくまで銀行の審査する時の基準ですので、銀行が貸してくれるから

返済していけるという考えは良くありませんので、注意してくださいね。

 

銀行の審査では、年収は税込の源泉徴収票に書かれている金額で審査されます。

 

以上、住宅ローンの借り過ぎには注意しましょう!