平成20年6月住之江区K様からの住宅ローン借り換え相談です。 相談に来られた時の住宅ローンの残高ですが、 残期間23年で 金額が2,440万円でした。 この住宅ローンは1本ではなく、3口ありました。 内容が  住宅金融公庫が 1,470万円で金利が 3.6%  年金融資が   700万円で金利 3.4%  信販系のローンが 270万円で金利 3.775% です。すべて残期間23年です。 住宅ローン合計の支払額が 月々 84,000円 と ボーナス時 37万円です。 ボーナスの支払の負担が大きいので減らしたいとの事です。 Kさまも、ご自身で住宅ローンの借り換えを試みたようですが、 銀行から審査が通らないとの事でした。 内容を拝見したところ、他に問題点は無いようでしたので、 信販系のローンがどうやらネックになっているようですね。 当初の不動産契約書などを見ると、信販系のローンは 住宅購入に付随する諸費用のローンで有る事が分かりました。 このため、銀行ではその分住宅ローンで見てもらえないんですね! フラット35への借り換えもそうです 当社に依頼頂き、銀行に交渉した結果 信販会社の書費用分もまとめて借り換え出来ました! 結果トータルで約300万円の借り換えによるメリットです♪ 月々の支払も 72000円になり、ボーナス払いも205,000円と 当初から、月1.2万円、ボーナス時16万円も支払が 減りましたね! 住宅ローンの借り換え考えている方は、こちらからご相談下さい。 住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに 住宅ローン専門に18年の実績です!