住宅ローンの借り換えで審査されるのは、大きく2つあります。

 
それは
 
・申込人の審査
・物件の審査
 
があります。
 
今回は、物件の審査についてのお話しです。
 
物件の評価をどうみるかなんですが、銀行により多少違いますが、税務署が公表してる
路線価で、土地の評価を行い、建物は構造により単価があり、その金額に面積で計算し
その金額から、減価償却して現在の評価額が計算されます。
 
そこから出た金額に銀行がその額の何倍まで融資できるか計算されます。
 
もうひとつ重要なのは、建蔽率や容積率です。
 
大阪の場合、ちょっと昔の住宅は建蔽率違反の物件もチラホラあります。
 
これだけで、審査アウトになるケースも結構あります。
 
もし、評価額や建蔽率、容積率の問題で銀行で断られた方も、一度ご相談ください。