今まで、自営業者や代表者の審査が厳しいと書いてきましたが、実は

 
会社役員の方も審査が厳しくなります。
 
通常の審査に加え、法人の決算3期分を見られ、それを踏まえて審査されます。
 
会社の決算内容が順調なら問題ありませんが、直近の業績が芳しくない場合は、
それが理由で通らない場合もあります。
 
もし、会社役員であっても、社長と直接関係の無い人(親族以外)の方であれば、
交渉により、一般の会社員と同等の審査(決算書不要)をしてもらうように出来る場合もあります。
 
上記の理由で、申込を躊躇している方や決算書で断られた方、お気軽にご相談ください。