住宅ローンの審査で重要なのが、返済負担率です。

 
返済負担率は、銀行により審査基準が違いますが、
 
審査をするにあたり、年間の返済額が年収の何%なら申込受付します。
 
という計算をします。
 
年収については、300万円未満、400万円未満、400万円以上によって
 
%も変わってきます。
 
また、審査金利も通常の金利より高めで審査される場合が多いです。
 
先日ご相談頂きましたお客様も今の返済期間では、返済負担率がクリアできません。
 
条件を満たすために、年数を延ばし申請致しました。
 
見事、本日承認を頂きました。
 
 
期間を延ばす場合、定年後の返済をどうするのか?明確にしておくことが
 
交渉のポイントになります。
 
通常は、極端に年収が下がるようなことは、ありませんが、離婚などにより、奥様が
 
住宅と住宅ローンを引き取る時等は、奥様の年収だけでクリア出来ない場合は
 
こういった方法での交渉も必要になってきます。