出来るだけ、平日はブログを毎日書こうと思ってるのですが、
 
休み明けは、仕事が多くてついつい書けませんでした。
 
今日は、増改築、リフォーム、リノベーションと住宅ローンです。
 
 
今、お住まいの家の増改築やリフォームをする場合のローンは
 
一般的には、リフォームローンになります。
 
 
リフォームローンの場合は、住宅ローンよりも金利が高く
 
期間も10年~15年までとなりますので、月々の返済額が
 
多くなります。
 
 
リフォームだけで考えれば、問題無いかもしれませんが、
 
今、住宅ローンを月々払っている場合は、負担になりますね。
 
 
こんな場合は、住宅ローンの借り換えと同時にリフォーム分も
 
住宅ローンに一緒にまとめてもらう方法もあります。
 
 
そうすれば、今の住宅ローンよりも金利が下がれば、リフォームの
 
月々の返済額も非常に少なくなるケースもあります。
 
 
場合によっては、200万円のリフォームをしても今の住宅ローンの
 
返済額と変わらない場合もあります。
 
 
この話しは、これからリフォームをする方だけでなく、もうすでに
 
リフォームをされてリフォームローンと住宅ローンの2本あるかたも
 
借り換えにより1本化が可能になります。
 
 
あと、リフォームの代金をリフォームローンでなく住宅ローンを利用
 
する事も可能ですが、その場合は、保証料や抵当権設定費用など必要に
 
なってきますので、トータルでどちらがお得なのか考えてください。
 
 
最後に、リノベーションですが、中古住宅を購入して、入居前にリフォーム
 
をする場合ですね。
 
この場合も、住宅ローンとリノベーションの工事費の全額を住宅ローン1本で
 
借入することも可能です。
 
 
決済時期については、売買の決済の時に不動産分のお金が出て、リノベーション
 
終了時に工事代金が実行されます。
 
 
銀行によっては、リフォーム関連の住宅ローンに対応してくれない所も
 
ございますので、そんな場合は、是非ご相談ください。