住宅ーンの借入金額ですが、担保評価のほかに返済能力が
 
審査に大きくかかわってきます。
 
 
返済能力は、どのように調べるのでしょうか?
 
それは、住宅ローンを借りる人の年収で判断します。
 
 
税込年収の何%以内なら、「返していけるな」と銀行が基準を
 
決めています。
 
年収からみた返済額の割合を返済負担率として計算されます。
 
多くの銀行は、この返済負担率が年収により25%~35%になっています。
 
 
 400万円以上 35%
 
 300万円以上 30%
 
 300万円未満 25%
 
という具合になっております。
 
銀行により、40%まで見てくれる所もあります。
 
 
ただし、ここにはちょっとした仕組みがありまして、この計算に使う
 
返済額ですが、実際の金利でない場合が多いのです。
 
 
今変動金利なら、実質0.875%~1.275%くらいだと思いいますが、
 
返済負担率を計算する時は、この金利ではなく、3%~4%で計算
 
されるからです。
 
 
これらの計算によって、住宅ローンの借入額というより、申込可能額が
 
決まってきます。
 
 
どうしても、年収が足りない人は、どうするのか?
 
 
この場合は、奥様が収入合算者になり、奥様の収入もプラスして見てもらう
 
事も可能です。
 
 
銀行によっては、パートの場合は見てくれない所もありますので、ご注意ください。
 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!