住宅ローンを借りる時は、借りる人の年収からいくら返済できるのか
銀行が審査レートにより審査します。(実際審査は保証会社ですが)
 
年収と返済額の割合を「返済負担率」と言いましたね。
 
多くの銀行は、年収により返済負担率を決めています。
 
例えば、年収400万円以上は35%とかです。
 
では、実際に年収400万円の人は、いくらまでなら銀行に申し込み可能
なのでしょうか?
 
銀行の審査金利を3%とした時は、100万円を35年借りた場合の1カ月の
返済額は、3,848円です。
 
そうすると、年収400万円の35%は、年間の返済額は140万円以内です。
 
という事は、100万円の月々払いの3,848円を年間の12倍して46,176円になります
ので、140万円から46,176円を割ってやると30.31となります。
 
これは、100万円あたりの数字ですので100万円をかけると3,030万円になります。
 
という事で、年収が400万円の人の場合の住宅ローンの申し込み可能額は
3,030万円という事です。
 
もし、それで住宅ローンの借り入れ額が少ない場合は、奥様の収入をプラス
してもらえる、「収入合算」などを検討する事になります。
 
ただし収入合算した場合の注意点は、アテにしていた奥様の収入がず~っと
見込まれる事が条件です。
 
出産、育児などで途中で収入が無くなる場合は、あまりお勧めできません。
 
また、収入合算については、全額合算可能の銀行や半分迄とか、パートの場合は
合算不可など銀行によってマチマチですのでご注意ください。
 
では、次回は収入合算などお二人で借りる場合を見ていきましょう!
 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!