最近の相談で何件かあったのですが、以前住宅ローンの返済を

 
条件変更された方からの相談です。
 
モラトリアム法で、利息だけの支払など条件を緩和してもらった方です。
 
 
例えば3年間返済額を少なくしてもらっていて、その猶予が終わるので
 
借り換えしたい。という相談です。
 
 
この場合は、住宅ローンの借り換えは難しくなります。
 
ただ絶対ダメかといいますと、そうではありません。
 
今まで、2件その状況でも、審査OKを頂いたケースもあります。
 
 
今日のお客様ですが、元々固定金利3.1%で借りていたのですが、
 
返済が厳しいので、変動金利に条件変更してもらったようです。
 
 
返済明細表を見せてもらうと、確かに変動金利に切り替わっています。
 
しかし、金利は2.475%になっております・・・・
 
何と優遇がありません。完全に足元を見られていますね
 
この方は、何とか助けてあげたいです。
 
ざっと計算するだけでも、借り換えによるメリットは450万円ですので、
 
当社に依頼するかどうかは、別として今のままでは、勿体ないので
 
是非、借り換えを検討してみてください!と伝えました。
 
条件変更しているので、難しいかも知れませんが、何とかお役に立てればと
 
思っております。
 
 
離婚問題で住宅ローンの事を考えている方は、こちらからご相談下さい。
 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!