宅ローンの借り換えを銀行に申込に行く時に、必要書類の中に不動産契約書が必要になります。

これは、いくらで購入したのか確認するためです。

銀行によっては、当初購入価格より多く住宅ローンがあると、

それだけで受け付けてもらえないケースもあります。

 

たとえば、購入時に自己資金があまり無く火災保険料や保証料などの

諸費用も住宅ローンとして借りる場合です。

 

購入時の住宅の価格が2500万円だったとして、諸費用100万円としたら

2600万円の住宅ローンを組んでいる時です。

 

フラット35などはこれだけで、ダメですね。

 

ただ、私の経験上、最初にどうやって申し込んだのか分かりませんが、

不動産価格以外にも他のローンを住宅ローンでおまとめして借りている人

もいましたが、そういう場合でも借り換えを成功させた実績もあります。

 

借りる時に住宅ローン1本になっていれば、まだ銀行との

交渉はやりやすいのですが、前に困ったのは、

住宅ローンだけでなくカードローンにしてそれでそのローンも

抵当権設定されていたケースも有りました(笑)、

さすがに苦労しましたが、一応これも諸費用分という事で

銀行に見てもらい借り換えを無事済ませました。

 

元の金利は変動で4%近かったからね!

それを1%未満の金利ですから、効果大です。

 

住宅ローンの事を考えている方は、こちらからご相談下さい。

 
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
 
住宅ローン専門に17年の実績です!