宅ローンの申込額の最大金額は銀行により異なりますが1億円が
一般的です。
だからといって、それ以上の場合は完全に無理か?というと、そうでも
ありません。
1億円を超えると、通常の審査ではないので、非常に審査に時間がかかったりします。
また、1億円まで、と基準がある銀行でも5千万円を超えると役員決済になり
普通より時間がかかる事があります。
これ以外に高額になると、団体信用生命保険も「告知書」だけでは、ダメで、
健康診断が必要になってきます。
申込金額は、1億以内なのでそれまででは、いくらでも可能か?というと
そういうわけにわ行きません。
なぜなら、住宅ローンですから・・・
という事は、資金使途として住宅の購入代金、土地の購入代金に限られてきます。
建物の代金については、見方によっては、これは入って、これは入らないと
いう事もあります。
問題になるのは、「外構費」や「照明」「エアコン」などです。
これらは、建物の契約と別途にすると住宅取得費として、みてもらえません。
住宅価格にエアコンやカーテンなど含んで、坪単価○○円とかいうところでしたら
それらの金額は、住宅ローンで利用可能になります。
たまに、今あるローンや車のローンを住宅ローンと1本にしたい。という話しを
聞きますが、これは、ウソを言って銀行からお金を引き出すことになりますので、
見つかれば、詐欺になりますので、けっしてこのような事はやめてくださいね。
たまに、つかまってる人もいますので、ご注意を!
あと、住宅を購入する時の諸経費はどうなるのでしょうか?
諸経費(諸費用)とは、不動産の仲介手数料や登記費用、抵当権設定費用や
住宅ローンの保証料などが諸費用になります。
銀行によっては、この諸費用は住宅ローンに含めてもOKな所と、諸費用は
認めてもらえなくて、別途、諸費用ローンとして借入する必要がある銀行が
あります。
住宅ローンの借り換えの場合ですが、その場合は諸費用は含めても大丈夫です。
相談は、お電話でもいつでもお受けします。
住宅ローンの借り換え、新規の相談は実績あるファイナンシャルプランナーに
住宅ローン専門に17年の実績です!