マイホームを購入したいと、ご夫婦で相談にこられました。

年収300万円の場合住宅ローンの金額は?

最初のはなしでは、収入が300万円弱なのですが、住宅ローンの申し込みはできるでしょうか?

との相談です。

不動産会社と話をしていたのですが、どうもその不動産会社は住宅ローンの事に詳しくなくて話をしているうちに、何日も経過してほしい物件が売れてしまったので、専門家の話を聞きたいと言うことで相談に来られました。

一応住宅ローンの審査上、年齢にもよりますが35年返済であれば年収300万円弱でも2000万円の申込みは可能ですが、まずどうして奥様が申込みを?

との疑問があります。

奥様だけの住宅ローンの審査は厳しい?

一般的には、ご夫婦で生活している場合、住宅ローンの審査ではご主人の調査も行いたいようです。

特に世帯主がご主人になっている時はなおさらです。

ご主人が、無職や就職年数が間もない場合は、自営業で申告所得が低いなどの理由であれば、問題ないのですが、それ以外で会社員で給料もしっかりもらっている場合は、何かあるのでは?と当然思われますよね?

ということで、一般的には銀行に申込むと奥様での申込みは可能ですが、

ご主人の「連帯保証人」や「個人情報の同意」を取られ、個人信用情報を調べられます。

そこで、個人情報に問題があると、その時点で審査が終了してしまいます。

今回の相談も内容を聞くと、やはりご主人名義では住宅ローンが通らない理由があるようです。

個人情報に問題があれば審査は無理?

この場合対策としては2つの方法が考えられます

  • 奥様が住宅ローンの申し込みをしてもご主人の審査をしない金融機関に申込む
  • 問題が有っても返済出来るので夫婦2人で申込み

などの方法があります。

今回の住宅ローンの相談では

多くの銀行は、ご主人を調べられますが、そこまで調べない銀行も無いことは無いので、そちらに住宅ローンの審査を出してみましょうか?との話になったのですが、他に話を聞くと、他にもローンが3件あり、その返済を含めると返済比率の問題で現時点では審査が厳しいので何件かローンを返済してからチャレンジしてみましょうか?という話になりました。

それか、現状でご主人が住宅ローンの申し込み人になって審査に出す方法もあるので、そちらですすめましょうか?と2つの方法をアドバイス致しました。

お客様からどちらが良いですか?と聞かれましたが、なんとも言えません。が、一番手に入れたかった物件(マイホーム)が売れてしまっては、あえて急ぐ必要はないのでは?ということで、あと数カ月でカードローンが返済できるようですので、それまで新しい物件を探しては如何でしょうか?という話で、「またその時は、お願いします。」ということになりました。

住宅ローンの審査については

住宅ローンの審査内容と攻略法をご覧ください!