平成20年1月大阪市西区Y様より
住宅ローンの借り換え 相談がありました。

現在の住宅ローンの内容は、 住宅ローン残金額2,560万円  

残期間 28年  金利 3年間3.07%その後25年4%
住宅金融公庫の借り換え案件でした。

住宅金融公庫の場合、段階金利で10年後金利が 上がりますので、
その時点で借り換えを検討する人が 多いようですが、
Y様のように、その前でも十分メリットは あります。

さて、Y様の問題点ですが、実はカードローンが
約90万円ほど、ありました。

月々の返済額が4万円との事です。

この方、このカードローンを残しても返済負担率は
クリアできるのですが、やはり借り換えには、
カードローンが有れば不利です。

何件か銀行で断られたとの事ですので、
やはり このカードローンが引っかかっているようです。

まず、現金で返せれば問題ないのですが、 全額はちょっと難しそうです。
と、言う事で出来るだけ借り換えの金額を 多く融資してもらい、
少しでも資金を浮かして 計画を立てる事にしました。

 

その結果、カードローンが返済出来る事になり、
銀行に申し込みという状況になりました!

銀行には、カードローンは審査Okが出たら

返済するという条件で交渉しました。

1週間後、銀行からカードローン返済条件で 審査OKおりました。

Yさん、固定で借り換えましたが、それでも
メリットは613万円になりました。

月々約2万円も住宅ローンの返済額が減りました♪

効果大ですね!

 

 

住宅ローンの審査の詳細については
住宅ローンの審査の内容と攻略方法を御覧ください